NEWS

2019.09.05

商品・サービス情報

月刊ウララURALA9月号 「伝統も新しいも輝いている」福井の魅力がいっぱいです:金沢センター

(株)ウララコミュニケーションズ 発行:583円+税

魅力いっぱいの福井をお伝えする「月刊ウララURALA 9月号」が発行されました。今月の特集は“伝統も新しいも輝いている。伝統工芸×ニュープロダクトの“福井メイド”を毎日の暮らしに“というキャッチコピーで、伝統工芸技術を駆使した普段の生活を豊かにするニューグッズをご紹介しております。

福井は都の文化を支えて1000年を超える伝統工芸の産地ということは良く知られております。この秋には“千年未来工藝祭”や産地の工房見学が楽しめる“RENEW(レニュー)”といったイベントが開催されます。そんな伝統工芸エリアから生まれた“福井メイド”の品々が数多く紹介されております。

1500年以上続くと言われる越前漆器の街、鯖江市河和田地区では“漆塗り自転車”が紹介されております。自転車に漆?!・・・と思いますが、写真を見ると何とも言えない味わいがあり、思わず乗って見たくなります。その他に、漆器の木地工房から提案の北欧風木製茶碗やおしゃれなお箸、伝統の越前焼のマグカップなど、伝統工芸と現代風デザイン、ポップな色使いの品々が勢ぞろいです。

また、福井と言えば和紙ですね。さりげない色使いで飽きさせない和紙の数々、1センチ角の和紙を重ねて作った“揉み紙アクセサリー”などは和紙の多様性を感じさせて、これからの和紙の可能性を見せてくれます。などなど、伝統工芸が今に息づいている様子が面白く紹介されておりますので、是非皆様お手に取ってご覧下さい。お近くの書店・コンビニでどうぞ。

 

最新のニュース

PAGE TOP